本文へ

当協会の概要

福井県信用保証協会について

信用保証協会は、中小企業の皆さまが金融機関から事業資金の融資を受ける際「公的な保証機関」として健全な企業経営の為の効果的な資金導入のお手伝いをいたします。

保証活動を通して中小企業者の育成と地域経済の振興・発展に寄与することを目的とする「信用保証協会法」に基づく機関です。

 

当協会の概要

設立 昭和23年12月1日
根拠法

信用保証協会法

(昭和28年8月10日法律第196号)

基本財産

172億3百万円

(平成29年3月末現在)

保証債務残高

1,205億43百万円

(平成29年3月末現在)

役職員数

56名

(平成29年4月1日現在)

所在地

〒918-8004
福井市西木田2-8-1

福井商工会議所ビル内 4・5階

電話番号
ファクシミリ
(0776)33-1800(代表)
(0776)33-8310
アクセスマップ 交通アクセス:福井鉄道福武線「商工会議所前駅」より徒歩3分

 

 

組織機構図

 

 

 

役員名簿

役職名 氏名 備考
理事長 田端 浩之 常勤 前 福井県信用保証協会常勤理事
(元 福井県 健康福祉部長)
専務理事 大権 紀男 常勤 前  福井県信用保証協会業務・支援統括部長
理事 松田 泰典 非常勤 福井県議会議長
安倍 暢宏 福井県産業労働部長
東村 新一 福井県市長会会長
杉本 博文 福井県町村会会長
川田 達男 福井県商工会議所連合会会頭
佐飛 敏治 福井県商工会連合会会長
稲山 幹夫 福井県中小企業団体中央会会長
岩下 春幸 福井県鉄工業協同組合連合会会長
藤原 宏一 福井県繊維協会会長
林 正博 福井県銀行協会会長
渡邉 健雄 福邦銀行代表取締役頭取
蓑輪 進一 福井県信用金庫協会会長
常任監事 川島 幸治 常勤 前 福井県信用保証協会管理部付
監事 前川 克博 非常勤 公認会計士
山川 均 弁護士・公認会計士

(平成29年11月6日現在)

 

役員退任慰労金支給規程

制定 昭和46年4月

改正 昭和51年1月

   平成18年3月

 

  1. この規程は、役員の退任慰労金額及び支給方法を定めることを目的とする。
  2. 常勤役員の退任慰労金は、常勤役員として在職した期間の各月の報酬月額にそれぞれ100分の30を乗じて得た額の合計額とする。
  3. 前条の在職期間は常勤役員就任の日の属する月から退任の日の属する月までの月数とする。
  4. 職員が常勤役員に就任した場合の退職給与金は、職員が常勤役員に就任した日の属する月の前月までについて職員に対する退職給与金規程により支給し、その後の期間についてこの規程を適用する。
  5. 退任慰労金は本人に支給する。ただし、本人が死亡の場合に、予め本人の指定した受取人があるときはその者に、受取人の指定がないときはその遺族に支給する。
  6. 懲戒処分により解任された者には、退任慰労金は支給しない。
  7. 退任慰労金は、その者の退任の日から、1ケ月以内に支給する。
  8. この規程において、常勤役員とは、理事長以外の役員とする。

 

附則

1.この規程は、昭和46年3月31日より施行する。

附則

1.この規程の改正は、昭和51年1月31日より施行する。

附則

1. この改正は、平成18年4月1日より施行する。なお、この改正規程が施行される以前の退任慰労金は、なお従前の例による。

 

常勤役員の報酬等支給基準

 この基準は、役員の報酬のうち常勤の理事及び監事(以下「常勤役員」という。)の報酬等の支給方法等について定める。

 

1 報酬等

 各常勤役員の報酬等は、理事会で承認された範囲内で理事長が定める。

2 報酬等の種類

 報酬等の種類は、報酬及び期末手当とする。通勤手当は別に支給する。

3 報酬等の支給方法

 (1) 報酬の支給日は、職員の例に準じる。

 (2) 期末手当の支給日及び基準日等は、職員の例に準じる。

 (3) 通勤手当は職員の例に準じる。

4 その他

 この基準に定められていない事項については、必要に応じて理事長がその都度定める。

 

附 則

この基準は、平成21年11月2日から施行する。