本文へ

保証協会団信のご案内

 信用保証協会団体信用生命保険制度(保証協会団信)は、信用保証協会の保証付融資を受けた中小企業者の方が、死亡若しくは所定の高度障がいといった不慮の事態に備える生命保険です。保険金により保証付融資が弁済されますので、事業の維持安定とともに、後継者・ご家族の安心を図ることができます。

 

保証協会団信の仕組み

 信用保証協会の保証付融資を金融機関から受けるに際して、中小企業者の方(お客様)が、一般社団法人全国信用保証協会連合会(以下「連合会」)を保険契約者とする団体信用生命保険に被保険者として加入し、連合会との間で「団体信用生命保険による債務弁済委託契約」を締結します。
 保険期間中に被保険者が、死亡・所定の高度障がいとなった場合、連合会が生命保険会社から受け取る保険金で、取扱金融機関に対する債務を弁済します。

 

 

 

加入資格

 保証付融資を受けられる個人事業主又は「中小企業者」に該当する法人

 

加入対象者

 次に該当する方で、加入申込日現在満20歳以上、満66歳未満の方
 (満70歳の日の属する弁済責任期間の末日まで保障)

  1. 個人事業主の場合は本人
  2. 「中小企業者」に該当する法人の場合は代表者であって、保証付融資の連帯保証人
    (複数の場合は、そのうちの1名)

 

加入対象融資

  1. 100万円以上1億円以下、証書貸付
  2. 融資期間1年以上の賦払償還債務
    ※証書貸付の賦払償還債務以外(当座貸越、カードローン、手形貸付、手形割引等)は対象となりません。

 

申込手続

 信用保証を申込む際に、保証協会団信の加入を希望される場合は、通常の保証申込書類に加え、次の書類を提出してください。

    1. 団体信用生命保険による債務弁済委託契約申込
    2. 「保証協会団信」申込書兼告知書(債務弁済委託契約に基づく特約料口座振替依頼書を含む)
      ※申込金額が、5,000万円超の場合は、所定の様式による「健康診断結果証明書」が必要となります。

詳細については、連合会 団体信用生命保険ホームページをご参照ください

特約料の試算は、連合会 保証協会団信「特約料試算」 をご参照ください