本文へ

信用保証のしくみ

信用保証は、基本的に中小企業者、金融機関、信用保証協会の三者関係でなりたっています。

 

①保証申込 保証(融資)の申込を受付けます。金融機関または信用保証協会の窓口へご相談ください。
②信用調査 信用保証協会は、企業の事業内容や経営計画等を審査し、保証の諾否を決定します。
③保証承諾

信用調査の結果、保証の諾否を金融機関にご案内します。

信用保証を承諾する場合は、金融機関に信用保証書を発行します。

④融資 信用保証書の交付を受けた金融機関が資金をご融資します。この際、金利とは別に定められた「信用保証料」をご負担いただきます。
⑤返済 返済条件に基づき、金融機関に借入金をご返済いただきます。
 
万一、何らかの事情により中小企業者の方が借入金を返済できなくなった場合
 
⑥代位弁済 信用保証協会は、中小企業者の方に代わって、金融機関に借入金の残金を弁済します。
⑦求償債務の返済 その後、中小企業者の方とご相談しながら、信用保証協会へご返済いただきます。