本文へ

経営承継借換関連保証

制度の特徴

  • 経営承継にあたり、承継の障害となっている経営者保証を提供している借入れによる債務を、経営者保証を不要とする融資に借り換えることができます。

 

制度名 経営承継借換関連保証
保証対象

経営承継を予定している会社で、その経営者が経営者保証を提供していることが承継の障害となっている場合に、次の1.から3.のいずれにも該当し経済産業大臣の認定を受けた中小企業者の方

  1. 認定申請日の直前の決算において、資産超過かつEBITDA有利子負債倍率が10倍以内であり、認定申請日より3年以内に事業承継を予定していること
  2. 信用保証協会への申込日直前の決算において、法人・個人の分離がなされていること
  3. 信用保証協会への申込日において、返済緩和している借入金がないこと     
保証限度額 2億8,000万円

資金使途

中小企業者の経営承継に必要な資金のうち借換資金 

保証期間

10年以内
信用保証料率
(年率)

0.45% ~ 1.90%

経営者保証コーディネーターによる確認を受けた場合

0.20% ~ 1.15%

 

信用保証料率

区分
保証料率

1.90

1.75 1.55 1.35 1.15  1.00 0.80 0.60 0.45

 

経営者保証コーディネーターによる確認を受けた場合

区分
保証料率

1.15 

1.00 0.85 0.70 0.60 0.50 0.40 0.30 0.20

 

信用保証料のシミュレーションはこちら